日光・栃木 黄色系紅葉(イチョウ・カエデ等)

イチョウ・カエデ・ケヤキなど黄色系の紅葉が観られる紅葉スポット
  • 竜頭の滝

    竜頭の滝 Photo by opa's

    男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝、竜頭の滝。湯ノ湖から流れ出た湯川が中禅寺湖に注ぐ手前にある奥日光三名瀑のひとつでもある観光の名所。男体山噴火による溶岩の上を210メートルにわたって勢いよく流れ落ち、滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれる。春の季節は美しいが、9月下旬ごろからは紅葉の名所として知られ、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観は非常に高い人気を誇る。観爆台から眺める紅葉に彩られた滝つぼの眺めは素晴らしい。中禅寺湖に行くならこちらもぜひとも寄りたい。見ごろは10月上旬~10月中旬。

    竜頭の滝

    栃木県日光市中宮祠
    地図

    詳細情報

  • 日光・中禅寺湖

    標高1,269mにある「中禅寺湖」。周辺にはカエデやブナなどの木々があり、秋ごろになるとそれらが一斉に色づく。湖面に映る赤や黄のコントラストが素晴らしい。遊覧船から眺めるのもおすすめ。

    日光・中禅寺湖

    栃木県日光市中宮祠
    地図

    詳細情報

  • 霧降ノ滝

    霧降ノ滝は、古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっており、上段が25メートル、下段が26メートル、そして全体で75メートルもの高さから水が流れ落ちる下段の滝が、まるで霧を振られるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる様子から霧降ノ滝が名づけられたという。そんな滝の正面には全容を眺められる観瀑台があり、滝と周囲の景観と溶け合った圧巻の全景が目に留まる。新緑も美しいが、紅葉の季節にはカエデ、ナナカマドが色鮮やかに色づき、全景をより華やかなものにしてくれる。見ごろは10月下旬。

    霧降ノ滝

    栃木県日光市霧降高原
    地図

    詳細情報

  • 日光・瀬戸合峡

    川俣ダムの下流2キロに渡る瀬戸合峡。数百メートルはある断崖絶壁に囲まれ、紅葉の織り成す色彩とのコントラストは見るものを惹き付けて離さない。

    日光・瀬戸合峡

    栃木県日光市川俣
    地図

    詳細情報

  • 鹿沼・大芦渓谷

    大小20に及ぶ滝がある大芦渓谷。そんな大芦渓谷にある一番の紅葉スポットは林道河原小屋三の宿線での白井平橋。橋のたもとに生えているモミジが鮮やかな赤色に染まっていて美しく、このモミジ目当てに平日にも関わらず多くの観光客で賑わう。

    鹿沼・大芦渓谷

    栃木県鹿沼市草久
    地図

    詳細情報

  • いろは坂

    日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つの坂を合計すると48か所もの急カーブがあることから「いろは48音」にたとえてこの名がついたのだそう。標高差は440m。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、第一いろは坂を望むことも。いろは坂を囲む山々は秋ごろになると鮮やかな赤色に色づく。その美しさは、数多くの紅葉の名所がある日光にあって、日光で最も紅葉の美しいスポットといわれるほど。中でも明智平からの壮大な眺めには完全に心を奪われる。標高差があるため、カエデ、ナナカマド、ツツジなど紅葉前線の移り変わりも見ていて楽しい。見ごろは10月...

    いろは坂

    栃木県日光市細尾
    地図

    詳細情報

  • 戦場ヶ原

    日光の標高約1,400メートルの平坦地に広がる400ヘクタールの日本最大ともいわれる湿原地、戦場ヶ原。この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる。2時間ほどで歩けるハイキングコースの周りには、350種類にも及ぶ植物や数多くの種類の野鳥が生きており、見渡す限りの広大な湿原と変化に富んだ壮大な植物や動物の観察を楽しめる。9月下旬~10月上旬になると湿原のクサモミジ(トダシバ、アブラガヤなど)が一斉に色づき始め、美しく赤い世界が湿原全体に広がっていく。秋の日光観光ではぜひ立ち寄っておきたい。見ごろは9月下旬~10月上旬。

    戦場ヶ原

    栃木県日光市中宮祠
    地図

    詳細情報

  • 湯の湖

    三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖「湯の湖」は、周囲は約3km、三方を山で囲まれており、どことなく神秘的な雰囲気が漂う。湖の周囲には、ノリウツギ、オオカメノキ、ウダイカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができる。9月下旬~10月中旬には赤・黄・茶、色とりどりの見事な紅葉が見られるようになり、湖面に映る色鮮やかな紅葉は芸術作品そのもの。湖と紅葉が織り成す神秘的を1時間ほどで一周できる湖岸の散策路で味わってみては。紅葉を堪能してからは湯元温泉に立ち寄ることも。見ごろは10月上旬~中旬。

    湯の湖

    栃木県日光市湯元
    地図

    詳細情報

  • 那須塩原・大山参道

    大山元帥墓所の参道に植えられたモミジの並木で、新緑や紅葉の時に美しい景観を見せる。鮮やかに染まる参道に思わず見とれてしまう。

    那須塩原・大山参道

    栃木県那須塩原市下永田地区
    地図

    詳細情報

  • 日光・蛇王の滝

    水が流れ落ちる姿が蛇に似ていることから名づけられた蛇王の滝。例年10月中旬から11月上旬まで、モミジやブナの木々が色付き、白糸を引くように流れ落ちる水と紅葉のコントラストを対岸にある遊歩道から眺めることができる。

    日光・蛇王の滝

    栃木県日光市若間828番地
    地図

    詳細情報

12件中 1 - 10件目

イチョウ・カエデ・ケヤキなど黄色系の紅葉が観られる紅葉スポット