奥多摩湖畔公園(山のふるさと村)

奥多摩湖畔公園(山のふるさと村)の詳細情報です。 更に広域から探すには 、東京の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)関東の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)からどうぞ。

都民から『山ふる』の愛称で親しまれている奥多摩の山のふるさと村。奥多摩湖の沢に沿ってつくられた面積34ヘクタールの園内には、テント及びログケビン泊のできるキャンプ宿泊施設、ビジターセンター、クラフトセンター、レストランが揃い、キャンプや自然体験の他、木工や石細工、陶芸の体験も可能な多様な楽しみ方のできる施設。奥多摩の広大な自然の中にあるだけあり、紅葉の季節になればカエデやモミジによる広大な紅葉による自然体験ができる。奥多摩湖を見に行けば、湖と紅葉の組み合わせとともに湖面に映る山と紅葉の芸術作品のような美しさを、遊歩道では180度美しい紅葉に囲まれた神秘的な気分を味わえる。紅葉の時期には、中央線「快速おくたま紅葉号」が運行しているので、都心からのアクセスもよくおすすめ。見ごろは10月上旬~11月中旬。
※「みんなで紅葉めぐり」は一般の皆様から投稿された情報も掲載しているため、掲載内容の正確性は保証されません。ご利用される際は必ず公式情報をご確認ください。

東京の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)

  • 神宮外苑いちょう並木

    神宮外苑いちょう並木 Photo by ysakaki

    明治神宮外苑は、神宮球場をはじめ各種スポーツ施設と四季折々の自然を楽しめる都内の憩いの場。中でも秋になればなんといっても都内の紅葉スポットとして名高い約300メートルの並木道。最盛期には歩道さえも落ち葉による黄色いじゅうたんで覆われ、できあがった一面黄色の不思議な空間が訪れた人々を迷い込ませる。11月中旬~12月上旬にはいちょう並木の黄葉と共にいちょう祭りが行われ、模擬店のほか、全国各地の特産品や名産品が集まり、大勢の人で賑わいを見せる。見ごろは11月中旬 。

    神宮外苑いちょう並木

    東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
    地図

    詳細情報

  • 日比谷公園

    日本で最初に都市計画により誕生した洋風の近代的な都市公園。 園内には公会堂、大小音楽堂、図書館など大規模施設を含み、数々のイベントも年間を通じて開催されている。

    日比谷公園

    東京都千代田区日比谷公園1-6
    地図

    詳細情報

  • 清澄庭園

    「清澄庭園」は、明治時代に現在の東京都江東区にて、枯山水などを主体とした「回遊式林泉庭園」として完成した風情あふれる公園。春になればお花見スポットとして賑わうが、秋の紅葉も負けていない。11月中旬ごろには、ハゼの木を中心に真っ赤に色づき、園内の庭園や数寄屋造りの建物、はたまたバードウォッチングとのグラデーションが、とても都心とは思えないような美しさを見せてくれる。10月25日(土)~12月7日(日)にかけて開催される「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」で、家族や友人などと巡ってみるのもいい。見ごろは11月中旬。

    清澄庭園

    東京都江東区清澄3-3-9
    地図

    詳細情報

  • 高尾山

    高尾山

    首都圏有数の登山場所として名高い「高尾山」。都心から50分程度の広大な自然に囲まれた山は、四季それぞれに素晴らしい景色が広がる。特に秋には、山頂から谷いっぱいに燃えるように広がる鮮やかな紅葉が多くの登山者を楽しませてくれる。コースごとに違った楽しみ方も。登りきった後に、山頂で一面に広がる紅葉の景色を楽しみながら、ピクニックをしたり達成感を味わったりするのは格別。また、ケーブルカーからの景色も素晴らしいのでおすすめ。見ごろは11月中旬。

    高尾山

    東京都八王子市高尾町
    地図

    詳細情報

  • 靖国神社(靖國神社)

    靖国神社(靖國神社)

    千代田区九段北にある、主に明治時代以降の日本の戦争で亡くなった軍人を祀っている神社。 靖国神社には家内安全・国家安泰・世界平和の御神徳があるという。また、境内の近代史博物館「遊就館」では、戦没者のご遺品や貴重な史料などが展示されている。 初詣の際には主に新年祭が行われる。例年約26万人もの参拝客が訪れ、ふるまい酒や甘酒が参拝者に振舞われる。

    靖国神社(靖國神社)

    東京都千代田区九段北3-1-1
    地図

    詳細情報

  • 新橋・汐留 浜離宮恩賜庭園

    新橋駅もしくは汐留駅から歩いていける、国の特別名勝及び特別史跡に指定されている浜離宮恩賜庭園は、都内で唯一潮入の池や二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式のこと。秋ごろになると庭園内のヒガンバナ、キンモクセイ、ヒイラギモクセイ、サザンカが鮮やかに色づき、庭園内の景観や雰囲気はより一層趣深いものに。疲れたら潮入の池に浮かぶ中島のお茶屋さんのお茶とお菓子のセットでほっこり。海風を感じながらゆっくりと紅葉を楽しむのもまた気持ちよい。見ごろは11月下旬。

    新橋・汐留 浜離宮恩賜庭園

    東京都中央区浜離宮庭園1-1
    地図

    詳細情報

  • 井の頭恩賜公園

    井の頭恩賜公園 Photo by nambon

    武蔵野市と三鷹市にまたがり、38万平方メートル以上もの敷地を持つ広大な公園。 井の頭池を中心に、散策に最適な雑木林や井の頭自然文化園、スポーツ施設などが点在する。

    井の頭恩賜公園

    東京都武蔵野市御殿山1-18-31
    地図

    詳細情報

  • 小金井公園

    小金井公園

    小金井公園は広々とした草地、それを取り巻く雑木林、桜の園、子どもの広場、弓道場、SL(C57)展示、16面のテニスコートと内容が豊富。それ以外にもバーベキュー広場やドッグラン、サイクリングコース、野球場などもあり、飽きることなく一日中遊ぶことが出来る。

    小金井公園

    東京都小金井市関野町1-13-1
    地図

    詳細情報

  • 駒込・六義園

    駒込・六義園 Photo by ysakaki

    夜間のライトアップが有名。駒込駅から徒歩7分、かつて「小石川後楽園」とともに江戸の二大庭園として数えられた「六義園」。紀州(現在の和歌山県)和歌の景観などを映し出す場所として、江戸時代に7年もかけて造られた庭園で、池とそれを囲む森林の景観がなんとも美しい。こちらも春のしだれ桜の美しさに負けじと、11月下旬には園全体がハゼ、モミジの燃え上がるような紅葉に囲まれる。11月下旬~12月上旬に行われる夜間ライトアップによって生み出される幻想的な雰囲気は、どこか別世界へと引き込まれたような気分になる。見ごろは11月下旬~12月上旬。

    駒込・六義園

    東京都文京区本駒込6-16-3
    地図

    詳細情報

  • 旧古河庭園

    旧古河庭園 Photo by masayokuma

    東京都北区にある「旧古河庭園」は、園内の斜面と低地の緩急ある地形をいかし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を造作した作りが特徴。 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイアコンドル博士。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計している。 大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在であり、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している。

    旧古河庭園

    東京都北区西ヶ原1-27-39
    地図

    詳細情報

東京の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)をもっと見る