青森の紅葉2018(名所・穴場・ライトアップ)

青森の紅葉2018(名所・穴場・ライトアップ)を23件掲載。名勝ともいえる有名スポットから、あまり知られていない穴場、見頃、夜間ライトアップの有無など、知って得する紅葉情報をご紹介します。

青森の紅葉2018(名所・穴場・ライトアップ)はこちら!

  • 弘前公園

    弘前公園に残る櫓や城門は約400年の歴史を誇る重要文化財。1,000本のカエデ、2,600本の桜が美しい色を放ち、なんとも趣深い風景をつくりだす。堂々とそびえ立つ弘前城と紅葉のコラボレーションが大変美しい。

    弘前公園

    青森県弘前市下白銀町
    地図

    詳細情報

  • 八甲田山(大岳)

    八甲田山(大岳)

    鮮やかで燃えるような紅葉、表情多彩で躍動美のある城ヶ倉渓流、情緒ある佇まい・・・。美しく彩られた秋の八甲田は、絶好の紅葉の季節。八甲田連峰の山々は、鮮やかで燃えるような美しさをかもし出している。ロープウェー山頂駅からの自然遊歩道での紅葉狩りも楽しめる。

    八甲田山(大岳)

    青森県青森市
    地図

    詳細情報

  • 城ケ倉大橋

    城ケ倉大橋

    全長約360mと、上路式アーチ橋としては日本一の長さを誇る城ケ倉大橋。橋からは四季を通して八甲田山系の絶景はもちろん、青森市街地までの景色も楽しむことができる。高さは約120メートルあり、そこから見下ろす城ヶ倉渓谷の紅葉は圧巻。

    城ケ倉大橋

    青森県青森市荒川南荒川山
    地図

    詳細情報

  • 蔦七沼

    奥入瀬エリアに位置し、鏡沼・月沼・長沼・菅沼・瓢箪沼・赤沼とならび「蔦七沼」と呼ばれる沼のひとつ。ブナの原生林に囲まれ、色づいた木々が沼に映える秋の朝焼けは絶景。辺は、散策路が整備され、紅葉シーズンには多くの人が訪れる。

    蔦七沼

    青森県十和田市大字奥瀬字蔦
    地図

    詳細情報

  • 奥入瀬渓流

    十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、豊かな樹木や十数か所の滝と、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出し、四季折々の自然美を堪能することができる。紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬~下旬頃に見ごろを迎える。

    奥入瀬渓流

    青森県十和田市奥瀬字栃久保183
    地図

    詳細情報

  • 田代平湿原

    八甲田最大の面積を誇る湿原。紅葉は例年9月下旬から10月中旬までが見頃で、湿原内は所要時間約60分の比較的歩きやすい木造歩道が整備されている。歩道の途中にはぬかるみなどがあるため、濡れても大丈夫な運動靴や登山靴が必須だ。

    田代平湿原

    青森県青森市駒込深沢
    地図

    詳細情報

  • 奥薬研修景公園

    大畑川の渓谷に覆いかぶさるような燃え立つ紅葉の景観が見事。奥薬研修景公園内にはレストハウスもあり、総ヒバづくりの建物が目印となっている。その他には「夫婦かっぱの湯」があり、大畑川の渓谷を眺めながら入ることができる。

    奥薬研修景公園

    青森県むつ市大畑町赤滝山1-3
    地図

    詳細情報

  • 岩木山

    古くから山岳信仰の対象として崇められてきた青森県内最高峰の山。津軽富士とも呼ばれている。岩木山スカイラインやリフトで9合目まで登り、さらに鳥ノ海噴火口からは徒歩で山頂を目指すことができ、岩木山神社の奥宮もある山頂から見下ろす紅葉は実に見事なもの。9月下旬から山頂が色づき始め、徐々に麓に移っていく。

    岩木山

    青森県弘前市
    地図

    詳細情報

  • 蔦沼

    息をのむほど美しい真っ赤に染まる絶景に出会えるスポット。蔦沼・鏡沼・月沼・長沼・菅沼・瓢箪沼・赤沼の7つの沼があり、これらを総称して「蔦七沼」と呼ぶ。最も大きな蔦沼は、紅葉シーズンには多くの人々が訪れる人気スポットだ。特に朝焼けの美しさが有名で、光に照らされた紅葉が燃え上がるように真っ赤に染まる風景は一見の価値あり。

    蔦沼

    青森県十和田市奥瀬字蔦野湯
    地図

    詳細情報

  • 十二湖

    白神山地西麓のブナ林に点在する大小33の湖沼群。十二湖を代表する青池はなんと透明度が9mもあり、群青色の水中に枯れたブナを見ることができる。紅葉は10月中旬~下旬が見頃。

    十二湖

    青森県深浦町松神国有林地内
    地図

    詳細情報

23件中 1 - 10件目