山形の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)

山形の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)を33件掲載。名勝ともいえる有名スポットから、あまり知られていない穴場、見頃、夜間ライトアップの有無など、知って得する紅葉情報をご紹介します。

山形の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)はこちら!

  • 蔵王連峰

    最高峰熊野岳を中心に地蔵山、刈田岳等多くの山並があり、春の新録、夏の高山植物の花畑、秋は紅葉、冬はスキー、樹氷の山として親しまれている。蔵王のシンボルである「お釜」はあまりにも有名。その火口湖(最大水深25m)は、濃いエメラルドグリーンの水をたたえている。秋には山腹にはブナ、シラカバ、ダケカンバなど落葉樹が密生し、ドライブしながらでも美しい紅葉を見ることができる。

    蔵王連峰

    山形県上山市蔵王
    地図

    詳細情報

  • 鳥海山

    山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。広大な鳥海山麗の草原を左右に迂回しながら登ることができる鳥海山ブルーラインからの紅葉がおすすめ。眼下には日本海の青い海と遠くに飛島、佐渡を眺め、はるかに男鹿半島、そして左右に庄内平野を望みその雄大な視界を楽しみつつ両県をつき抜ける快適なドライブコースとなっている。例年の見ごろは10月。

    鳥海山

    山形県飽海郡遊佐町吹浦
    地図

    詳細情報

  • 赤芝峡

    飯豊連峰から流れる横川と、朝日連峰から流れる荒川の合流点から国道113号沿いに位置し、荒川地域を代表する景勝地である赤芝峡。切り立った断崖が見事な渓谷にブナ、ミズナラ、カエデなどの木々が生い茂り、東北有数の紅葉の名所として知られている。

    赤芝峡

    山形県小国町大字小渡地内
    地図

    詳細情報

  • 最上峡

    最上川の下流に位置する最上峡。川の流れに沿って国道47号が走っており、ドライブしながらヤマモミジやカエデの紅葉が楽しめる。さらに舟下りで川面から紅葉の彩りを体感することも。

    最上峡

    山形県戸沢村古口山の内
    地図

    詳細情報

  • 玉川渓流

    飯豊連峰を源とする玉川渓流は、エメラルドグリーンに輝く澄んだ水が流れる美しい河川。断崖はモミジやウルシなどさまざまな木々に覆われ、10月下旬ともなると鮮やかな錦秋に染まる。

    玉川渓流

    山形県西置賜郡小国町玉川
    地図

    詳細情報

  • 白川湖周辺

    美しく雄大な飯豊連峰を望むダム湖・白川湖。一面が紅葉で美しく彩られ、水面に映る紅葉は格別な趣きがある。紅葉も色濃く鮮やかで、モミジ、カエデ、ナラなどが、秋の深まりに伴い豊かな色合いに染まっていく。周辺にはオートキャンプ場や温泉宿などもあり、紅葉見学と合わせて楽しむのもおすすめ。

    白川湖周辺

    山形県西置賜郡飯豊町数馬地内
    地図

    詳細情報

  • 小松渕

    新庄藩の侍、小山八郎が大蛇を退治したと言う大蛇伝説が伝わる銅山川の名勝。肘折温泉から小松渕までは、散策路が整備されている。新緑や紅葉が水面に映えて、四季折々の彩りが美しい渓谷だ。

    小松渕

    山形県大蔵村大字南山
    地図

    詳細情報

  • 高瀬峡

    鳥海山の麓、滝と紅葉を眺めるトレッキングコースが整備された高瀬峡は、大自然を気軽に楽しめるスポット。10月下旬頃から紅葉が見頃を迎え、山峡全体が赤や黄色に彩られる。

    高瀬峡

    山形県飽海郡遊佐町白井新田地内
    地図

    詳細情報

  • 面白山紅葉川渓谷

    山形・宮城の県境に位置する面白山の麓に広がる紅葉川渓谷。渓谷を覆う広葉樹の紅葉が、常緑樹と絶妙なコントラストを描き「紅葉川」の名の通りの絶景となる。全長約2kmのトレッキングコースもあり、紅葉を楽しみながら気軽に自然を満喫できるのも魅力だ。

    面白山紅葉川渓谷

    山形県山形市大字山寺面白山
    地図

    詳細情報

  • 鶴間池

    湖面に色付く鳥海山が映り込み幻想的な空間をつくり出す絶景紅葉スポット。鳥海山湯の台口登山口に向かう途中にあり、5月の新緑と10月の紅葉が特に美しい。写真撮影やトレッキングにとても人気の場所だ。

    鶴間池

    山形県酒田市草津湯ノ台奥山
    地図

    詳細情報

33件中 1 - 10件目