東京 名所として人気の紅葉スポット

東京で「人気・名所」タグが付けられた紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)一覧です。
神宮外苑いちょう並木飯田橋・小石川後楽園立川・国営昭和記念公園 などの紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)が人気です。

  • 神宮外苑いちょう並木

    神宮外苑いちょう並木 Photo by ysakaki

    明治神宮外苑は、神宮球場をはじめ各種スポーツ施設と四季折々の自然を楽しめる都内の憩いの場。中でも秋になればなんといっても都内の紅葉スポットとして名高い約300メートルの並木道。最盛期には歩道さえも落ち葉による黄色いじゅうたんで覆われ、できあがった一面黄色の不思議な空間が訪れた人々を迷い込ませる。11月中旬~12月上旬にはいちょう並木の黄葉と共にいちょう祭りが行われ、模擬店のほか、全国各地の特産品や名産品が集まり、大勢の人で賑わいを見せる。見ごろは11月中旬 。

    神宮外苑いちょう並木

    東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
    地図

    詳細情報

  • 飯田橋・小石川後楽園

    全国で9ヶ所しかない特別史跡及び特別名勝重複指定を受けているうちの1つである小石川後楽園。中国の名所の名前をつけた景観や全国各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が美しい。さらに、都内でも有数の紅葉のスポットでもあり、480本ものモミジが園内全域を美しく彩る。中でも、琵琶湖を表現した「大泉水」の周辺や京都嵐山にちなんだ「渡月橋」、「大堰川(おおいがわ)」の周辺が人気の紅葉スポット。この情趣あふれる世界は、心を和ませずにはいられない。見ごろは11月下旬~12月上旬。

    飯田橋・小石川後楽園

    東京都文京区後楽1-6-6
    地図

    詳細情報

  • 立川・国営昭和記念公園

    立川・国営昭和記念公園 Photo by nambon

    昭和記念公園は、東京ドーム約40倍の広大な緑あふれる言わずと知れた都会のオアシス。都心部よりも木々が美しく紅葉する条件がそろっている昭和記念公園では、様々な秋の彩りを感じることができる。カナール付近のイチョウ並木が11月の中旬には作り上げる黄金色のトンネルはまるで別世界。他にも、日本庭園内の赤紅の彩りを代表する葉「イロハモミジ」や水鳥の池南側の「プラタナス」、花木園内で見える深い紅の紅葉が特徴の「ハナミズキ」などなど種類が豊富。バーベキューやピクニックはもちろん、ただ行って歩き回るだけでも足を運ぶ価値がある。見ごろは11月上旬~12月上旬。

    立川・国営昭和記念公園

    東京都立川市緑町3173
    地図

    詳細情報

  • 駒込・六義園

    駒込・六義園 Photo by ysakaki

    夜間のライトアップが有名。駒込駅から徒歩7分、かつて「小石川後楽園」とともに江戸の二大庭園として数えられた「六義園」。紀州(現在の和歌山県)和歌の景観などを映し出す場所として、江戸時代に7年もかけて造られた庭園で、池とそれを囲む森林の景観がなんとも美しい。こちらも春のしだれ桜の美しさに負けじと、11月下旬には園全体がハゼ、モミジの燃え上がるような紅葉に囲まれる。11月下旬~12月上旬に行われる夜間ライトアップによって生み出される幻想的な雰囲気は、どこか別世界へと引き込まれたような気分になる。見ごろは11月下旬~12月上旬。

    駒込・六義園

    東京都文京区本駒込6-16-3
    地図

    詳細情報

  • 高尾山

    高尾山

    首都圏有数の登山場所として名高い「高尾山」。都心から50分程度の広大な自然に囲まれた山は、四季それぞれに素晴らしい景色が広がる。特に秋には、山頂から谷いっぱいに燃えるように広がる鮮やかな紅葉が多くの登山者を楽しませてくれる。コースごとに違った楽しみ方も。登りきった後に、山頂で一面に広がる紅葉の景色を楽しみながら、ピクニックをしたり達成感を味わったりするのは格別。また、ケーブルカーからの景色も素晴らしいのでおすすめ。見ごろは11月中旬。

    高尾山

    東京都八王子市高尾町
    地図

    詳細情報