千葉 寺・神社の紅葉スポット

千葉で「寺・神社」タグが付けられた紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)一覧です。

  • 南房総・小松寺

    南房総・小松寺 Photo by www.komatuji.com

    南房総の山中にある真言宗智山派の寺院である小松寺。朱塗りの仁王門には、左右二体の金剛力士像が、境内に仏敵が入らないよう守るとのことで立っており、その迫力に圧倒される。南房総では”もみじの寺”としてよく知られている紅葉の名所でもあり、紅葉の時期には境内のモミジ、カエデ、イチョウが彩り鮮やかに色づき、秋色が境内の周りを覆いつくす。また、ピークである11月下旬(今年は11月30日)には「もみじ祭り」が開催され、秋色に染まった空間の中で、福引き大会や餅つき大会、農産物の直売など地元住民による多様なイベントで盛り上がる。他にも寺の近くには、南房総に残る原生林の自然を満喫できる遊歩道があり、その澄ん...

    南房総・小松寺

    千葉県南房総市千倉町大貫1057
    地図

    詳細情報

  • 本土寺

    本土寺 Photo by www.hondoji.net

    松戸市平賀にある日蓮宗の寺院である本土寺。本堂をはじめ、五重塔や仁王門などをそなえる境内はとても美しく、緑も豊か。1000本のカエデ・5000株のハナショウブ・10000株のアジサイが植えられている花の名所として人気を集め、「あじさい寺」や「四季の寺」、そして「紅葉の寺」として知られる。紅葉は11月の下旬頃に盛りを迎え、「山もみじ」「大盃」、関東の気候に合うよう品種改良した「秋山紅」と呼ばれる三種類の紅葉、数にしておよそ1500本が本土寺を紅色に染め上げる。特に夕暮れ時の情景と喧騒から遠く離れた別世界へと足を踏み入れたかのような感覚は一度は味わっておきたい。見ごろは11月下旬~11月下旬。

    本土寺

    千葉県松戸市平賀63
    地図

    詳細情報

  • 成田山新勝寺

    成田山新勝寺

    成田山新勝寺大本堂裏の丘地に広がる成田山公園は、東京ドーム約3.5個分もの広大な敷地を誇る大公園であり、紅葉の名所として知られている。春には梅まつり、秋には紅葉まつりが開催され、屋外で茶を楽しむ野点が誰でも無料で参加できる。

    成田山新勝寺

    千葉県成田市成田1
    地図

    詳細情報