11月下旬が見頃の紅葉スポット

「見頃11月下旬」タグが付けられた紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)一覧です。
花貫渓谷強羅・箱根美術館旧古河庭園 などの紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)が人気です。

  • 花貫渓谷

    名馬里ケ淵から小滝沢キャンプ場までの花貫渓谷は、大小さまざまな淵と滝が連なり、四季折々(特に春の新緑と秋の紅葉)の渓谷の自然を存分に楽しむことができる自然の名所。紅葉の見どころはなんといっても長さ約60mの汐見滝吊り橋。橋の下を流れる花貫川の川沿いから生い茂る木々の枝が吊り橋の左右からせり出し、華やかな紅葉のトンネルとなる姿が美しい。11月1日(土)から11月30日(日)まで紅葉まつりが開催され、一面に紅葉に覆われた中、市内特産品、農産品や飲食店などの売店出店される。自然が織りなす見事な景色を心ゆくまで堪能しよう。見ごろは11月中旬~下旬。

    花貫渓谷

    茨城県高萩市大能
    地図

    詳細情報

  • 強羅・箱根美術館

    強羅・箱根美術館

    ここ箱根美術館は箱根で最も古い美術館。館内の素晴らしさは言うまでもないが、ここは庭も美しい。若葉が美しく、萌えあがる様な新緑の春~初夏、萩が美しく咲き乱れる夏、モミジの回廊が続く秋、そして、うっすらと雪化粧された苔の庭…など春夏秋冬いつ訪れても良さがあり、趣がある。

    強羅・箱根美術館

    神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
    地図

    詳細情報

  • 旧古河庭園

    旧古河庭園 Photo by masayokuma

    東京都北区にある「旧古河庭園」は、園内の斜面と低地の緩急ある地形をいかし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を造作した作りが特徴。 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイアコンドル博士。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計している。 大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在であり、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している。

    旧古河庭園

    東京都北区西ヶ原1-27-39
    地図

    詳細情報

  • 駒込・六義園

    駒込・六義園 Photo by ysakaki

    夜間のライトアップが有名。駒込駅から徒歩7分、かつて「小石川後楽園」とともに江戸の二大庭園として数えられた「六義園」。紀州(現在の和歌山県)和歌の景観などを映し出す場所として、江戸時代に7年もかけて造られた庭園で、池とそれを囲む森林の景観がなんとも美しい。こちらも春のしだれ桜の美しさに負けじと、11月下旬には園全体がハゼ、モミジの燃え上がるような紅葉に囲まれる。11月下旬~12月上旬に行われる夜間ライトアップによって生み出される幻想的な雰囲気は、どこか別世界へと引き込まれたような気分になる。見ごろは11月下旬~12月上旬。

    駒込・六義園

    東京都文京区本駒込6-16-3
    地図

    詳細情報

  • 常陸大子・永源寺(もみじ寺)

    JR常陸大子駅うらの高台に位置し、街の中心部を一望できる永源寺。ここで祀られている七福神のうち紅一点の弁財天は、そもそもインドの神様で、日本に伝来してから弁舌や音楽を司る芸能の神として信仰される福の神。通称「もみじ寺」とも呼ばれ、毎年11月上旬ごろから中旬ごろに多数の赤や黄色のもみじが境内を埋め尽くし、その情景の美しさは息を呑むほど。お寺ともみじの競演は、まるで時間をさかのぼったかのようなゆったりとした時間の流れを感じさせてくれる。また、美しいカエデのトンネルをくぐりぬけるときにも、日本の深まる秋をしみじみと感じられる。見ごろは11月上旬~中旬ごろ。

    常陸大子・永源寺(もみじ寺)

    茨城県久慈郡大子町大字大子1571
    地図

    詳細情報

  • 鎌倉・海蔵寺

    鎌倉駅から徒歩20分とやや遠いところに位置するが、ほかの寺の紅葉を見つつ散歩ついでに行くのにちょうどいい。秋になると海蔵寺の門前の道は美しい紅葉のトンネルに。海蔵寺は花の寺として知られており、特に4月中旬に咲くカイドウも綺麗だ。紅葉は11月中旬~12月上旬に見頃を迎える。

    鎌倉・海蔵寺

    神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目18-8
    地図

    詳細情報

  • 飯田橋・小石川後楽園

    全国で9ヶ所しかない特別史跡及び特別名勝重複指定を受けているうちの1つである小石川後楽園。中国の名所の名前をつけた景観や全国各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が美しい。さらに、都内でも有数の紅葉のスポットでもあり、480本ものモミジが園内全域を美しく彩る。中でも、琵琶湖を表現した「大泉水」の周辺や京都嵐山にちなんだ「渡月橋」、「大堰川(おおいがわ)」の周辺が人気の紅葉スポット。この情趣あふれる世界は、心を和ませずにはいられない。見ごろは11月下旬~12月上旬。

    飯田橋・小石川後楽園

    東京都文京区後楽1-6-6
    地図

    詳細情報

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮

    康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが鶴岡八幡宮の始まり。 恋愛成就、健康長寿、学業成就、交通安全などご利益は様々で、パワースポットとしても広く知られている。 初詣には例年約251万人もの人が参拝に訪れ、一年の始まりを祝うと共にその1年間の大神様のご加護を祈念する。

    鶴岡八幡宮

    神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
    地図

    詳細情報

  • 伊勢原・大山寺

    伊勢原・大山寺 Photo by www.oyamadera.jp

    伊勢原市大山にある真言宗大覚寺派の寺院。本堂に鎮座する大山不動像は、迫力ある威圧感と重量感には眼を見張るものがあり、 願行上人の強烈な念力に圧倒される。本堂前の参道周辺は紅葉の名所として知られており、その色鮮やかな紅葉には、大山不動像に対してと同じように圧倒される。秋にはもみじ祭りが盛大に行われ、多くの人々の目を楽しませてくれる。今年のもみじ祭りは11月3日~12月8日の間に行われ、期間中の11月15日~24日の間には夜間ライトアップも実施。市街地から遠く離れたお寺の幻想的な雰囲気を味わおう。階段の頂上から見える濃紺から漆黒へと変化する空をバックにし、明るく照らし出された紅葉はとても美し...

    伊勢原・大山寺

    神奈川県伊勢原市大山724
    地図

    詳細情報

  • 代々木公園

    代々木公園 Photo by plussakurako

    都内でも有数の広さを誇る公園で、都心で一番広い空が見られる森林公園として知られている代々木公園。東京オリンピックの選手村を経て公園となったこの場所は、高さ15m~30mに及ぶ大小3基の噴水や水回廊をもつ水景施設がある“水と緑”に恵まれた公園でもある。秋ごろになると園内の木々が鮮やかに色づき、都心近くで気軽に訪れることができる紅葉のスポットとして利用する人も多い。代々木公園内では、イチョウ、もみじの両方の紅葉を楽しむことができる。紅葉に覆われた場所で仲間内でワイワイやるのも一人でのんびり過ごすのもよし。また、秋色にすっかり染まった園内をウォーキングやジョギングで通り抜ける気持ちよさは格別。...

    代々木公園

    東京都渋谷区代々木神園町2-1
    地図

    詳細情報

76件中 1 - 10件目