紅葉祭り

「紅葉祭り」タグが付けられた紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)一覧です。
日光東照宮高尾山常陸大子・永源寺(もみじ寺) などの紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)が人気です。

  • 日光東照宮

    日本を代表する世界遺産「日光の社寺の中でももっとも有名なのが「日光東照宮」。 徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。紅葉時期は鮮やかな紅葉が日光の社寺をいろどり、とても綺麗な風景を演出。11月上旬ころから下旬にかけてが見頃。

    日光東照宮

    栃木県日光市山内2301
    地図

    詳細情報

  • 高尾山

    高尾山

    首都圏有数の登山場所として名高い「高尾山」。都心から50分程度の広大な自然に囲まれた山は、四季それぞれに素晴らしい景色が広がる。特に秋には、山頂から谷いっぱいに燃えるように広がる鮮やかな紅葉が多くの登山者を楽しませてくれる。コースごとに違った楽しみ方も。登りきった後に、山頂で一面に広がる紅葉の景色を楽しみながら、ピクニックをしたり達成感を味わったりするのは格別。また、ケーブルカーからの景色も素晴らしいのでおすすめ。見ごろは11月中旬。

    高尾山

    東京都八王子市高尾町
    地図

    詳細情報

  • 常陸大子・永源寺(もみじ寺)

    JR常陸大子駅うらの高台に位置し、街の中心部を一望できる永源寺。ここで祀られている七福神のうち紅一点の弁財天は、そもそもインドの神様で、日本に伝来してから弁舌や音楽を司る芸能の神として信仰される福の神。通称「もみじ寺」とも呼ばれ、毎年11月上旬ごろから中旬ごろに多数の赤や黄色のもみじが境内を埋め尽くし、その情景の美しさは息を呑むほど。お寺ともみじの競演は、まるで時間をさかのぼったかのようなゆったりとした時間の流れを感じさせてくれる。また、美しいカエデのトンネルをくぐりぬけるときにも、日本の深まる秋をしみじみと感じられる。見ごろは11月上旬~中旬ごろ。

    常陸大子・永源寺(もみじ寺)

    茨城県久慈郡大子町大字大子1571
    地図

    詳細情報

  • 花貫渓谷

    名馬里ケ淵から小滝沢キャンプ場までの花貫渓谷は、大小さまざまな淵と滝が連なり、四季折々(特に春の新緑と秋の紅葉)の渓谷の自然を存分に楽しむことができる自然の名所。紅葉の見どころはなんといっても長さ約60mの汐見滝吊り橋。橋の下を流れる花貫川の川沿いから生い茂る木々の枝が吊り橋の左右からせり出し、華やかな紅葉のトンネルとなる姿が美しい。11月1日(土)から11月30日(日)まで紅葉まつりが開催され、一面に紅葉に覆われた中、市内特産品、農産品や飲食店などの売店出店される。自然が織りなす見事な景色を心ゆくまで堪能しよう。見ごろは11月中旬~下旬。

    花貫渓谷

    茨城県高萩市大能
    地図

    詳細情報

  • 国営武蔵丘陵森林公園

    国営武蔵丘陵森林公園

    明治百年記念事業の一環として作られた日本で初めての国営公園。 東京ドーム65個分と広大な敷地の中には、運動広場、渓流広場、展望広場、遊具のあるわんぱく広場、花木園、野草園、ハーブガーデン、ディスクゴルフコース、サイクリングコース、ジョギングコース、バーベキュー場など非常に多くの施設がある。 また、梅まつり、桜まつり、自然観察会、山野草展など季節ごとのイベントも催されている。

    国営武蔵丘陵森林公園

    埼玉県比企郡滑川町山田1920
    地図

    詳細情報

  • 青梅・御岳渓谷

    青梅・御岳渓谷 Photo by nambon

    秩父多摩甲斐国立公園でも特に美しい清流美として、環境庁から日本名水百選に指定されている御岳渓谷。カヌーのメッカとしても広く知られており、ウォータースポーツを楽しむ若者が全国から集まる。両岸にある遊歩道を散策しながら紅葉を楽しむことができる。

    青梅・御岳渓谷

    東京都青梅市御岳
    地図

    詳細情報

  • 伊勢原・大山寺

    伊勢原・大山寺 Photo by www.oyamadera.jp

    伊勢原市大山にある真言宗大覚寺派の寺院。本堂に鎮座する大山不動像は、迫力ある威圧感と重量感には眼を見張るものがあり、 願行上人の強烈な念力に圧倒される。本堂前の参道周辺は紅葉の名所として知られており、その色鮮やかな紅葉には、大山不動像に対してと同じように圧倒される。秋にはもみじ祭りが盛大に行われ、多くの人々の目を楽しませてくれる。今年のもみじ祭りは11月3日~12月8日の間に行われ、期間中の11月15日~24日の間には夜間ライトアップも実施。市街地から遠く離れたお寺の幻想的な雰囲気を味わおう。階段の頂上から見える濃紺から漆黒へと変化する空をバックにし、明るく照らし出された紅葉はとても美し...

    伊勢原・大山寺

    神奈川県伊勢原市大山724
    地図

    詳細情報

  • 旧古河庭園

    旧古河庭園 Photo by masayokuma

    東京都北区にある「旧古河庭園」は、園内の斜面と低地の緩急ある地形をいかし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を造作した作りが特徴。 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイアコンドル博士。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計している。 大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在であり、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している。

    旧古河庭園

    東京都北区西ヶ原1-27-39
    地図

    詳細情報

  • 竜神大吊橋

    茨城県常陸太田市の竜神大吊橋は高さが100m、長さは375mあり歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇る常陸太田市の観光名所。橋の上からの眺めは絶景で、四季おりおりのパノラマが広がる。山並みが色とりどりの紅葉をむかえると、断崖絶壁で奇岩が多く、滝・淵・瀬など変化に富んだ竜神渓谷や竜神大吊橋もひときわ輝きを増し、期間中には紅葉まつりが開催され、様々な催しが行われ、辺りは毎年にぎわっている。日本一と評判の常陸秋そばの新そばを食べることも。是非訪れ、橋を囲む山々の紅葉と併せて楽しむことをおすすめしたい。見ごろは11月中旬~11月下旬。

    竜神大吊橋

    茨城県常陸太田市天下野町
    地図

    詳細情報

  • 駒込・六義園

    駒込・六義園 Photo by ysakaki

    夜間のライトアップが有名。駒込駅から徒歩7分、かつて「小石川後楽園」とともに江戸の二大庭園として数えられた「六義園」。紀州(現在の和歌山県)和歌の景観などを映し出す場所として、江戸時代に7年もかけて造られた庭園で、池とそれを囲む森林の景観がなんとも美しい。こちらも春のしだれ桜の美しさに負けじと、11月下旬には園全体がハゼ、モミジの燃え上がるような紅葉に囲まれる。11月下旬~12月上旬に行われる夜間ライトアップによって生み出される幻想的な雰囲気は、どこか別世界へと引き込まれたような気分になる。見ごろは11月下旬~12月上旬。

    駒込・六義園

    東京都文京区本駒込6-16-3
    地図

    詳細情報

32件中 1 - 10件目