日光山輪王寺の地図

更に広域から探すには 、日光・栃木の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)関東の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)からどうぞ。

※「みんなで紅葉めぐり」は一般の皆様から投稿された情報も掲載しているため、掲載内容の正確性は保証されません。ご利用される際は必ず公式情報をご確認ください。

日光・栃木の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)

  • 竜頭の滝

    竜頭の滝 Photo by opa's

    男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝、竜頭の滝。湯ノ湖から流れ出た湯川が中禅寺湖に注ぐ手前にある奥日光三名瀑のひとつでもある観光の名所。男体山噴火による溶岩の上を210メートルにわたって勢いよく流れ落ち、滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれる。春の季節は美しいが、9月下旬ごろからは紅葉の名所として知られ、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観は非常に高い人気を誇る。観爆台から眺める紅葉に彩られた滝つぼの眺めは素晴らしい。中禅寺湖に行くならこちらもぜひとも寄りたい。見ごろは10月上旬~10月中旬。

    竜頭の滝

    栃木県日光市中宮祠
    地図

    詳細情報

  • 日光東照宮

    日本を代表する世界遺産「日光の社寺の中でももっとも有名なのが「日光東照宮」。 徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。紅葉時期は鮮やかな紅葉が日光の社寺をいろどり、とても綺麗な風景を演出。11月上旬ころから下旬にかけてが見頃。

    日光東照宮

    栃木県日光市山内2301
    地図

    詳細情報

  • 霧降ノ滝

    霧降ノ滝は、古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっており、上段が25メートル、下段が26メートル、そして全体で75メートルもの高さから水が流れ落ちる下段の滝が、まるで霧を振られるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる様子から霧降ノ滝が名づけられたという。そんな滝の正面には全容を眺められる観瀑台があり、滝と周囲の景観と溶け合った圧巻の全景が目に留まる。新緑も美しいが、紅葉の季節にはカエデ、ナナカマドが色鮮やかに色づき、全景をより華やかなものにしてくれる。見ごろは10月下旬。

    霧降ノ滝

    栃木県日光市霧降高原
    地図

    詳細情報

  • 足尾・庚甲山

    庚申山は標高が1,892m。銅山で有名な足尾町にある山で、全体が奇岩、怪岩に覆われる神秘的な山として知られている。荒れた山肌を紅葉で包む姿は大変魅力的だ。春はヤシオツツジ、初夏にはコウシンソウが咲き、一年を通して人気の観光スポットでもある。

    足尾・庚甲山

    栃木県日光市足尾町
    地図

    詳細情報

  • いろは坂

    日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つの坂を合計すると48か所もの急カーブがあることから「いろは48音」にたとえてこの名がついたのだそう。標高差は440m。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、第一いろは坂を望むことも。いろは坂を囲む山々は秋ごろになると鮮やかな赤色に色づく。その美しさは、数多くの紅葉の名所がある日光にあって、日光で最も紅葉の美しいスポットといわれるほど。中でも明智平からの壮大な眺めには完全に心を奪われる。標高差があるため、カエデ、ナナカマド、ツツジなど紅葉前線の移り変わりも見ていて楽しい。見ごろは10月...

    いろは坂

    栃木県日光市細尾
    地図

    詳細情報

  • 川治温泉・五十里湖

    川治温泉の上流にある五十里湖は、男鹿川をせきとめて造られた、長さ5km、幅300mと細長いム湖。江戸の日本橋から五十里の距離に位置することからこの名が付いたという。展望台もあり、湖畔に沿って国道が通っているのでドライブをしながら紅葉を楽しむこともできる。

    川治温泉・五十里湖

    栃木県日光市五十里
    地図

    詳細情報

  • 鹿沼・大芦渓谷

    大小20に及ぶ滝がある大芦渓谷。そんな大芦渓谷にある一番の紅葉スポットは林道河原小屋三の宿線での白井平橋。橋のたもとに生えているモミジが鮮やかな赤色に染まっていて美しく、このモミジ目当てに平日にも関わらず多くの観光客で賑わう。

    鹿沼・大芦渓谷

    栃木県鹿沼市草久
    地図

    詳細情報

  • 鬼怒川・龍王峡

    鬼怒沼を源に、川底を深くえぐって流れる鬼怒川流域には、奥鬼怒、川俣、川治、鬼怒川などの温泉が点在するが、中でも一番の紅葉のスポットはは、鬼怒川温泉の上流にある龍王峡。両岸を染める紅葉と白い岩、エメラルドグリーンの流れが鮮やかなコントラストを見せる神秘的な光景に魅了される。

    鬼怒川・龍王峡

    栃木県日光市藤原1357
    地図

    詳細情報

  • 足利・行道山浄因寺

    足利の奥にある「関東の高野山」とも呼ばれ、山腹に位置する行道山浄因寺は名刹として知られている。無数の石仏などが参道に沿って点在し、南画さながらの景勝地として栃木県の名勝第1号に指定された。12月初めには銀杏の落ち葉の絨毯が広がる。

    足利・行道山浄因寺

    栃木県足利市月谷町1579
    地図

    詳細情報

  • 那須塩原・大山参道

    大山元帥墓所の参道に植えられたモミジの並木で、新緑や紅葉の時に美しい景観を見せる。鮮やかに染まる参道に思わず見とれてしまう。

    那須塩原・大山参道

    栃木県那須塩原市下永田地区
    地図

    詳細情報

日光・栃木の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)をもっと見る