日光山輪王寺

日光山輪王寺の詳細情報です。 更に広域から探すには 、日光・栃木の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)関東の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)からどうぞ。

東日本では最も大きな木造の建物である本堂をはじめ、数多くの日光山内の寺院を統合している天台宗の門跡寺院「輪王寺」。境内では四季折々の変化が楽しめるが、「逍遥園」は、日光の紅葉の名所として全国的に知られている。この優美な庭園には、イロハもみじ、千染(ちしお)、瓜膚楓(うりはだかえで)などなど数多く品種があり、日光全山のもみじのコレクションを一園に会いせしめたといっても過言ではない。また、紅葉期間中に夜間特別拝観として「逍遥園ライトアップ」が行われ、薄明かりのライトアップがなされた日本庭園の神秘的な雰囲気に訪れた人々は次々と魅了される。※今年の開催期間:10月25日~11月15日。17:00~20:00。見ごろは11月上旬~11月中旬。
日光山輪王寺
Photo by rinnoji.or.jp
※「みんなで紅葉めぐり」は一般の皆様から投稿された情報も掲載しているため、掲載内容の正確性は保証されません。ご利用される際は必ず公式情報をご確認ください。

日光・栃木の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)

  • 竜頭の滝

    竜頭の滝 Photo by opa's

    男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝、竜頭の滝。湯ノ湖から流れ出た湯川が中禅寺湖に注ぐ手前にある奥日光三名瀑のひとつでもある観光の名所。男体山噴火による溶岩の上を210メートルにわたって勢いよく流れ落ち、滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれる。春の季節は美しいが、9月下旬ごろからは紅葉の名所として知られ、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観は非常に高い人気を誇る。観爆台から眺める紅葉に彩られた滝つぼの眺めは素晴らしい。中禅寺湖に行くならこちらもぜひとも寄りたい。見ごろは10月上旬~10月中旬。

    竜頭の滝

    栃木県日光市中宮祠
    地図

    詳細情報

  • 日光東照宮

    日本を代表する世界遺産「日光の社寺の中でももっとも有名なのが「日光東照宮」。 徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。紅葉時期は鮮やかな紅葉が日光の社寺をいろどり、とても綺麗な風景を演出。11月上旬ころから下旬にかけてが見頃。

    日光東照宮

    栃木県日光市山内2301
    地図

    詳細情報

  • いろは坂

    日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つの坂を合計すると48か所もの急カーブがあることから「いろは48音」にたとえてこの名がついたのだそう。標高差は440m。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、第一いろは坂を望むことも。いろは坂を囲む山々は秋ごろになると鮮やかな赤色に色づく。その美しさは、数多くの紅葉の名所がある日光にあって、日光で最も紅葉の美しいスポットといわれるほど。中でも明智平からの壮大な眺めには完全に心を奪われる。標高差があるため、カエデ、ナナカマド、ツツジなど紅葉前線の移り変わりも見ていて楽しい。見ごろは10月...

    いろは坂

    栃木県日光市細尾
    地図

    詳細情報

  • 日光・霧降高原

    四季折々の美しい自然に彩られた霧降高原の中心を貫くように走る霧降高原道路。霧降ノ滝、玉簾ノ滝、霧降ノ滝、キスゲ平、六方沢橋をドライブで一度にまわることができ、なかでも六方沢にかかる長さ320m、橋脚の長さ120mの逆ローゼ型の六方沢橋周辺の紅葉は見応えがある。

    日光・霧降高原

    栃木県日光市所野
    地図

    詳細情報

  • 川治温泉・五十里湖

    川治温泉の上流にある五十里湖は、男鹿川をせきとめて造られた、長さ5km、幅300mと細長いム湖。江戸の日本橋から五十里の距離に位置することからこの名が付いたという。展望台もあり、湖畔に沿って国道が通っているのでドライブをしながら紅葉を楽しむこともできる。

    川治温泉・五十里湖

    栃木県日光市五十里
    地図

    詳細情報

  • 湯の湖

    三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖「湯の湖」は、周囲は約3km、三方を山で囲まれており、どことなく神秘的な雰囲気が漂う。湖の周囲には、ノリウツギ、オオカメノキ、ウダイカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができる。9月下旬~10月中旬には赤・黄・茶、色とりどりの見事な紅葉が見られるようになり、湖面に映る色鮮やかな紅葉は芸術作品そのもの。湖と紅葉が織り成す神秘的を1時間ほどで一周できる湖岸の散策路で味わってみては。紅葉を堪能してからは湯元温泉に立ち寄ることも。見ごろは10月上旬~中旬。

    湯の湖

    栃木県日光市湯元
    地図

    詳細情報

  • 鬼怒川・龍王峡

    鬼怒沼を源に、川底を深くえぐって流れる鬼怒川流域には、奥鬼怒、川俣、川治、鬼怒川などの温泉が点在するが、中でも一番の紅葉のスポットはは、鬼怒川温泉の上流にある龍王峡。両岸を染める紅葉と白い岩、エメラルドグリーンの流れが鮮やかなコントラストを見せる神秘的な光景に魅了される。

    鬼怒川・龍王峡

    栃木県日光市藤原1357
    地図

    詳細情報

  • 栃木・太平山県立自然公園

    栃木市、下都賀郡大平町、岩舟町の1市2町にまたがる面積1,067ヘクタールの県立自然公園。春には桜のトンネル、初夏にあじさい坂、秋には赤と黄色で彩られた紅葉を楽しむことができる。

    栃木・太平山県立自然公園

    栃木県栃木市平井町
    地図

    詳細情報

  • 戦場ヶ原

    日光の標高約1,400メートルの平坦地に広がる400ヘクタールの日本最大ともいわれる湿原地、戦場ヶ原。この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる。2時間ほどで歩けるハイキングコースの周りには、350種類にも及ぶ植物や数多くの種類の野鳥が生きており、見渡す限りの広大な湿原と変化に富んだ壮大な植物や動物の観察を楽しめる。9月下旬~10月上旬になると湿原のクサモミジ(トダシバ、アブラガヤなど)が一斉に色づき始め、美しく赤い世界が湿原全体に広がっていく。秋の日光観光ではぜひ立ち寄っておきたい。見ごろは9月下旬~10月上旬。

    戦場ヶ原

    栃木県日光市中宮祠
    地図

    詳細情報

  • 那須塩原・日塩もみじライン

    塩原温泉と鬼怒川温泉の龍王峡を結ぶ全長28kmの観光道路。沿道にはモミジが多く、ドライブをしながら紅葉を楽しめることから人気が高い。

    那須塩原・日塩もみじライン

    栃木県那須塩原市・日光市
    地図

    詳細情報

日光・栃木の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)をもっと見る