広島の紅葉2016(名所・穴場・ライトアップ)

広島の紅葉2016(名所・穴場・ライトアップ)を7件掲載。名勝ともいえる有名スポットから、あまり知られていない穴場、見頃、夜間ライトアップの有無など、知って得する紅葉情報をご紹介します。

広島の紅葉2016(名所・穴場・ライトアップ)はこちら!

  • 尾関山公園

    春はさくら、つつじ、初夏は青葉、秋はもみじ、冬は雪景と、年中四季折々の風景を楽しめる自然公園。山の頂上には展望台があり、三次の市街地が一望できる。紅葉の名所として人気があり、11月にピークを迎える。遊歩道には紅葉のトンネルが出来上がり、夜にはライトアップも行われる。

    尾関山公園

    広島県三次市三次町
    地図

    詳細情報

  • 不動院

    14世紀中頃、足利尊氏・直義兄弟が全国に建立した安国寺のひとつであり、国宝の金堂をはじめ楼門や鐘楼堂、銅製梵鐘など国指定重要文化財などがある。また、境内にはモミジなどが植えられ、秋には紅葉の名所として多くの人で賑わっている。

    不動院

    広島県広島市東区牛田新町3-4-9
    地図

    詳細情報

  • 三郎の滝

    天然のすべり滝として全国でも有名な「三郎の滝」。その滝と色鮮やかな紅葉が織り成す風景はまさに絶景。見ごろを迎える頃には紅葉まつりが開催され、杵つき餅の販売、マス釣り大会といったイベントが予定されている。

    三郎の滝

    広島県府中市三郎丸町90
    地図

    詳細情報

  • 紅葉谷公園

    宮島桟橋から徒歩約20分ほど歩いた、弥山(ミセン)原始林の麓に位置する紅葉谷公園には、イロハカエデやオオモミジなど計700本もの紅葉があり、11月中旬から下旬にかけて見ごろを迎え、とても美しい。

    紅葉谷公園

    広島県廿日市市宮島町紅葉谷
    地図

    詳細情報

  • 三段峡

    西中国山地に深く切れ込んだ全長13kmの峡谷。原始林を縫う遊歩道沿いには、黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝が点在しており、三段峡五大壮観と呼ばれている。三段峡入口近くでは、切り立った絶壁と原生林、エメラルドグリーンの渓流や神秘的な景色を楽しむことができる。紅葉を楽しみながら散策するには絶好のスポットだ。

    三段峡

    広島県安芸太田町戸河内・北広島町芸北
    地図

    詳細情報

  • 帝釈峡

    中国山地のほぼ中央に位置する帝釈峡は、帝釈川によって浸食されてできた約18kmに及ぶ渓谷。渓水の浸食でできた国の天然記念物である雄橋などが遊歩道から望める。他にも、約3億年前に形成されたといわれる断魚渓、奥行き200メートルの鍾乳洞窟の白雲洞など、自然の雄大さを肌で感じることができるスポットだ。下流の神龍湖で遊覧船から眺める紅葉も絶景だ。

    帝釈峡

    広島県庄原市東城町・神石高原町
    地図

    詳細情報

  • 四季の里矢野温泉公園

    設備が充実しているキャンプ場やアスレチック、釣堀などの施設に、国指定天然記念物の「矢野岩海」や温泉まである。10月下旬から色づき始め、11月上旬にはピークを迎える秋の紅葉は鮮やかでとても美しい。

    四季の里矢野温泉公園

    広島県府中市上下町矢野691-2
    地図

    詳細情報