丹沢湖の紅葉の見頃・時期・アクセス・混雑情報

2017.9.7 Thu

西丹沢に造られた三保ダムによって丹沢湖は生まれています。人造湖ではあるものの、丹沢大山国定公園に指定され「かながわの景勝50選」に選ばれるなど、自然との豊かな調和を感じられます。湖畔にはレンタサイクルがあるので、木々の緑と紅葉が彩り、湖面に静かに映える美しい情景を満喫しながらゆっくりと時間を過ごすことができます。他にも、釣り場やキャンプ場など、アウトドアレジャーが楽しめる場所も多くあります。

丹沢湖の紅葉

丹沢湖周辺の紅葉はモミジを主に、例年11月上旬頃に徐々に色づき始め、中旬に見頃を迎え、12月上旬頃まで綺麗な紅葉を見ることができます。
湖を囲み湖面を紅く照らす紅葉は息を呑む美しさがあります。湖面にはいくつもの橋がかかっており、湖を囲む色とりどりの山々とともに、まるで一枚の絵を見ているかのような勝景に心が満たされます。

毎年およそ11月の中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。その頃に中川バーベキューセンターの広場で開催されるのが「西丹沢もみじ祭り」というお祭り。
千人鍋とも呼ばれるこの祭りは、一つの鍋で10人前のボリュームを誇る「千人鍋」という猪鍋が会場内に100台ほど設置され、芸能ショーやカラオケ大会、地元特産品の販売などが開催されます。
千人鍋は予約が必要となるが、普段はお目にかかれない猪肉に地元産の野菜がふんだんに入ったお鍋なので、是非紅葉と合わせて堪能しておきたいですね。

予約は山北町観光協会において9月中旬から受け付けが始まります。

丹沢湖へのアクセス【自動車】

東京方面からは、大井松田インターチェンジから約30分ほどです。まず東名高速の大井松田インターチェンジを降り、国道246号線の清水橋交差点を右折します。その後主要地方道76号線を道路案内板に従って玄倉方面へ走ると県立丹沢湖ビジターセンターへ到着します。

静岡方面からは、御殿場インターチェンジから約60分ほどです。まず東名高速の御殿場インターチェンジを降り、国道246号線の清水橋交差点を左折します。その後主要地方道76線を道路案内板に従って玄倉方面へ走ると県立丹沢湖ビジターセンターへ到着します。

丹沢湖へのアクセス【電車・バス】

小田急線新松田駅からは、富士急湘南バスの「西丹沢自然教室行き」か「中川行き」におよそ45分ほど乗車し、『玄倉』駅で下車します。
JR御殿場線谷峨駅からは同じく、富士急湘南バスの「西丹沢自然教室行き」か「中川行き」におよそ20分ほど乗車し、『玄倉』駅で下車します。

丹沢湖

【新着・おすすめ記事】

箱根・鎌倉・大山・神奈川の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)

箱根・鎌倉・大山・神奈川の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)をもっと見る