福岡 呑山観音寺の紅葉の見所・時期・アクセス

2017.9.7 Thu

福岡県糟屋郡篠栗町の標高450mの山中に建つ“のみやまさん”の愛称で親しまれている、高野山真言宗の別格本山。年間100万人以上が訪れる、吞山観音寺は塔頭の天王院と共に篠栗八十八ヶ所霊場の札所になっています。 春は桜、夏はあじさい、秋は紅葉と季節ごとの景観が楽しめます。秋には千本もの紅葉とドウダンツツジが参道を真っ赤に染めます。

A post shared by soramama♡ (@churaumisora) on

日本の風景とともに紅葉を楽しむ

神社やお寺ならでは、日本らしい風景とともに紅葉を楽しめます。
特に天王院紅葉の参道、百観音堂周辺がおすすめです。自然と調和し、ゆったりとした佇まいで人々を魅了します。

A post shared by @tettchqn on

吞山観音寺の紅葉見頃の時期

色づき始めが10月下旬頃から、見頃は11月上旬〜11月中旬頃までです。

A post shared by でか (@dekalabi2009) on

2017年11月12日(日)には紅葉まつりも開催されます。

A post shared by Daisuke Hara (@madbox2000) on

吞山観音寺へのアクセス

最寄り駅の篠栗駅(JR福北ゆたか線)から車で15分。
毎月第3日曜日、春夏秋冬の四大行事の際には篠栗駅発〜呑山観音寺行き西鉄参拝バスが運行しています。

電車を利用する場合、JR博多駅から福北ゆたか線快速列車で篠栗駅まで14分です。
バスを利用する場合、福岡(天神)バスセンターから西鉄バスで約35分、福岡(博多駅)交通センターから西鉄バスで約30分です。
上記、書いてある日程以外は、最寄り駅の篠栗駅に到着してからタクシーを利用します。

車を利用する場合、国道201号線を飯塚方面に進み、金出交差点を左折します。(右手に見える三野原病院手前の交差点を左折)福岡 I.Cから呑山観音寺まで20分程度です。 駐車場の料金は無料で200台駐車可能です。

平日は車でのアクセスをオススメしますが、週末や行事の際には混んでしまう可能性が高いので電車やバスを利用すると良いのではないでしょうか。

A post shared by milo (@neomilo) on

呑山観音寺

【新着・おすすめ記事】

福岡・博多・天神の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)

  • 観世音寺

    観世音寺 Photo by www.dazaifu.org

    日本最古の梵鐘がある西日本随一の寺院 として有名な大宰府の「観世音寺」。『源氏物語』にも登場し、天智天皇が母君斉明天皇の冥福を祈るために発願されたもの。80年後の聖武天皇の天平18年(746年)に完成した。古くは九州の寺院の中心的存在で、たくさんのお堂が立ちならんでいたが、現在は江戸時代初めに再建された講堂と金堂(県指定文化財)の二堂があるのみ。 日本最古の梵鐘は、京都妙心寺の梵鐘と兄弟鐘といわれ、榎社にいた菅原道真公の詩に「都府楼は纔(わず)かに瓦色を看る 観音寺は唯(ただ)鐘声を聴く」とあるのはこの鐘をさしている。現在この梵鐘は「日本の音風景100選」に選定されている。境内はクスの大...

    観世音寺

    福岡県太宰府市観世音寺5-6-1
    地図

    詳細情報

  • 光明禅寺

    福岡県太宰府市にある臨済宗東福寺派に属する禅宗寺院。境内には石を「光」という字に配した仏光石庭、青苔で陸を、白砂で大海を表現した一滴海庭があり、美しい。秋ごろになると紅葉が映え、一段と風情を楽しむことができる。例年は11月中旬が見ごろ。

    光明禅寺

    福岡県太宰府市宰府2-16-1
    地図

    詳細情報

  • 呑山観音寺

    呑山観音寺

    福岡県糟屋郡篠栗町の標高450mの山中に建つ高野山真言宗の別格本山。 塔頭の天王院と共に篠栗八十八ヶ所霊場の札所になっている。 春は桜、夏はあじさい、秋は紅葉と季節ごとの景観が楽しめる。秋には千本の紅葉とドウダンツツジが真っ赤に染まる。

    呑山観音寺

    福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4
    地図

    詳細情報

  • 竃門神社(かまど)

    紅葉の名所としても知られる竈門神社。11月中旬から12月上旬に見ごろを迎え、全山紅葉の錦となり、下宮の五色紅葉の下では「もみじ祭り」が開催されている。見ごろには境内のライトアップも行われ、幻想的な光景を楽しむこともできる。

    竃門神社(かまど)

    福岡県太宰府市内山883
    地図

    詳細情報

  • 清水寺本坊庭園

    清水寺内にある、室町時代に雪舟が造ったと伝えられている清水寺本坊庭園。四季それぞれに風趣に富んでいる。中でも秋の紅葉は、清水連山の愛宕山を借景として、岩清水をひいた心字池を中心に周囲に色づき、ひときわ美しい。

    清水寺本坊庭園

    福岡県みやま市瀬高町本吉1117-4
    地図

    詳細情報

  • 筑紫耶馬溪

    筑紫耶馬溪は、那珂川上流に位置し、「釣垂峡」と呼ばれていたが、大分県の耶馬溪と対比して「筑紫耶馬溪」と名前を変えて親しまれている。ヤマメやニジマスなどが生息し、釣り人が集うスポットでもある。夏は涼を求めて川遊びやキャンプが楽しめ、自然に親しむ絶好の行楽地だ。秋には東屋や休憩所などが整備された南畑公園を中心に紅葉を観賞できる。カエデやハゼなどが渓谷を飾り、紅葉狩りのハイカーなど多くのひとで賑わう。大分の耶馬溪と比べると規模は小さいものの、ありのままの自然を受け入れながら四季折々の楽しみ方ができる。紅葉の見頃は11月上旬~下旬。

    筑紫耶馬溪

    福岡県筑紫郡那珂川町大字五ケ山~大字市ノ瀬 筑紫耶馬溪
    地図

    詳細情報

  • 深倉峡

    英彦山隠れ座敷ともいわれる障子ヶ岳の西南麓の渓谷「深倉峡」。英彦山の西南、障子ケ岳の麓にある深倉峡は、耶馬溪に似た景勝地で深山特有の静けさに包まれている。深倉園地は遊歩道が整備されており、散策しながら視界いっぱいに広がる見事な紅葉を堪能できる。さまざまな造形の奇岩や岩塊、そして紅葉がおりなす風景は圧巻。奇岩に山全体が色づく景観は、耶馬溪に似ているとも。峡谷を挟んで2つの岩の間に掛かる注連縄も見どころのひとつ。大自然の営みを全身で感じながらのハイキングやトレッキングにぴったりのスポット。紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬。展望台からの眺めは特に絶景。

    深倉峡

    福岡県田川郡添田町大字落合 深倉峡
    地図

    詳細情報

  • 秋月城跡

    福岡県朝倉市の北西部にある秋月は「筑前の小京都」とも呼ばれる城下町。寛永元年(1624)、黒田長政の三男・黒田長興によって築城された秋月城。城内は表御殿と奥御殿の二つに分かれ、背後に山、前面に堀・石垣・櫓を設け、出入口は前面の二ヶ所のみとした。現在、城があった場所には秋月中学校が建てられているが、石垣や堀の一部、城の通用門であった長屋門、大手門として使われていた黒門などは当時のまま残されている。紅葉シーズンには、周辺にある約20本のカエデが色鮮やかに紅葉し、黒門(県の有形文化財)を秋の装いを盛り上げる。紅葉と黒門のコントラストが特に素晴らしく、見頃は11月中旬~下旬。

    秋月城跡

    福岡県朝倉市秋月野鳥 秋月城跡
    地図

    詳細情報

  • 英彦山

    英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町とにまたがる標高1,199mの山。耶馬日田英彦山国定公園の一部をなし、弥彦山(新潟県)・雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。また、日本百景・日本二百名山の一つ。出羽の羽黒山、熊野の大峰山と並び日本三大修験道の霊場として、広く九州全域の人々の信仰を集めていた。江戸時代の最盛期には、俗に「彦山三千八百坊」といわれ、3,000人の衆徒と坊舎が800を数えたと伝えられている。英彦山北東の奇異な山容を見せる鷹ノ巣山(天然記念物)は、豊前坊付近からの眺望が特に素晴らしく、秋の紅葉では黄色や赤に染め上げられた様は壮観だ。また、英彦...

    英彦山

    福岡県添田町大字英彦山 英彦山
    地図

    詳細情報

福岡・博多・天神の紅葉2017(名所・穴場・ライトアップ)をもっと見る